スクール=サブスクリプション?

口座振替

スクール=サブスクリプション?

サブスクリプション(subscription)とは、英語で「定期購読」「会費」などの意味です。
スクール経営は、現在では月謝制が多いと思われますが、サブスクリプションモデルのビジネスの一例です。

サブスクリプションモデルを実現するために
必要な機能が、『口座振替』です。
都度、現金でもらうかわりに、お客様の口座から代金を引き落とす契約です。

現金を扱うことなく、キャッシュレス
ストックビジネスとして、安定収益が見込めます。

下記のようなメリットがあります。

口座振替のメリット

・お客様から毎月、お金をもらう事務作業がなくなる。
・店舗でつり銭など現金の準備がいらない。
・金庫で多額の現金を店舗で管理する必要がない。
・お客様も毎月、現金をもってくる手間がなくなる。
・退会する場合、振替を停止するための手続きが必要なため、退会率を抑える効果がある。
都度、現金の決済より、安定した収入が見込める。

ただし、『口座振替』を導入する場合
注意すべきことは、顧客管理システムとしっかり連携していることが重要です。
もし、別々だと、それぞれ見ないといけないので、管理作業の大幅な軽減になりません。

口座振替と顧客管理システムの連携で必要なこと

①ご来店時に、残高不足で振替できなかった顧客が一目でわかるようになっている
②会員数が倍増しても、毎月の請求業務が負担は大きくはかわらない。
③お客様毎にいつ振替ができなかったかが把握できる
毎月、合計いくらの請求金額で、いくら振替ができたか(入金となるか)がわかる。
⑤退会等で振替を簡単に停止することができる
⑥複数店舗でも請求処理は、本部が一括で出来る。店舗では作業する必要はなし。
⑦振替できなかった方が、(2重で頂くことがないように)ご来店時に現金で頂いた場合にシステム上でわかる。
⑧顧客毎にどのような会費の内容で、いくら毎月引落すか登録できる

スクール向け「レッスンファースト」では、顧客管理システムと口座振替の機能が連携しているので、
上記の①~⑧までの要件はすべて満たしています。

また「レッスンファースト」は、その他、スクールに必要な
ネット予約システム」や売上管理する「POSシステム」、
どのレッスンが稼働率が高いのかを知る「集計機能」も全部揃っています。

是非、『口座振替』と連携したシステムを導入して、店舗の業務を楽にして
スクール経営として、安定収益を目指しましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーー
「レッスンファースト」は、クラウドPOSシステムで、スクール経営を支援します。

お問い合わせ・資料請求・オンラインデモの申し込みはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です
コメント反映までしばらくお時間をいただく場合があります。ご了承ください。

ABOUTこの記事をかいた人

presio

クラウド型POSシステムの「レッスン・ファースト」は、 顧客管理、予約管理(ネット予約)、売上・受講管理、 メール配信、マイページ機能、集計分析、本部機能など スクール運営に必要な要素を全て集結した戦略的なマーケティング活動を 可能にする次世代クラウド型統合POSシステムです。