スクールの多店舗展開の成功ポイントとは?

スクールの多店舗展開

スクールの多店舗展開の成功ポイントとは?

多店舗展開を図る場合には2つの方法があります。

1つは、直営店舗で出店する方法。

もう1つは、FC店舗で出店していく方法。FC店舗とは、本部(フランチャイザー)から店舗ノウハウを享受する代わりに、本部に加盟金と月々のロイヤリティを支払う店舗を指します。

ここでは、直営店の多店舗展開に関して、解説していきます。

スクールの多店舗展開のメリット

・ブランドロイヤリティを高めることができる。
※「ブランドロイヤルティ」とは、特定ブランドを継続して購買(利用)し、応援してくれる消費者の忠誠心のこと。
・お客様の信用を得ることができる
・売上を飛躍的に伸ばすことができる。
・人材を有効活用することができる。
・1店舗の売上減を他店で補いリスクを分散させることができる
・他店の成功事例を共有することができる

スクールの多店舗展開のデメリット

・出店時の初期費用や維持管理費用がかかり、綿密な資金計画が必要となる。
・人材を育成するしくみや体制が必要になる
・ブランドイメージの損傷が全店に損害を与える場合がある。
・スタッフの人件費が増加する。
・店舗毎の品質管理の徹底が必要になる。

では、スクールの多店舗展開のリスクを最小化するためには、
どのようなことに注意すべきでしょうか?

スクールの多店舗展開のリスクを最小化する3つのポイント

ポイントは、3つあります。

1つ目、まず、1店舗目で、しっかりと「利益」を出すことです。

利益を出すことで、初期投資が短期間で回収できる目途がたった段階で2店舗目を出店することです。

投資回収が良い企業には、金融機関も前向きに融資を検討してくれます。
ただし、競合他社のスピードや経営環境によって、出店戦略は変わってきます。

2つ目は、「標準化」です。

店舗オペレーション、スタッフ採用や教育、情報システム、など
1店舗目で試行錯誤しながら運営してきた流れを、しっかりと「標準化」し、マニュアルに落し込み、2店舗目以降の運営がスムーズにいくように
無駄のない標準化された運用パッケージを構築することです。

3つ目は、店舗を管理する「本部機能」の構築です。

多店舗展開のメリットを享受するためには、店舗間での情報共有が大切です。
スタッフの採用から教育や配置転換を本部で行うことで、コスト削減だけでなく、店舗の負担も軽減できます。
また、販促活動の成功・失敗事例等を共有して成果のでる販促活動を共有します。
また、店舗の資材などを一括購入することでコスト削減も図れます。

複数店舗を運営することでスケールメリットを生かしたコストダウンと売上アップを図るための「本部機能」の構築は、店舗が増えてくればくるほど必要性は高まります。

レッスンファーストは、スクールの多店舗展開を支援しています。
店舗を管理する「本部機能」は標準で実装されています。
スクール運営に必要な「本部機能」詳細は、こちら

お問い合わせ・資料請求・オンラインデモの申し込みはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です
コメント反映までしばらくお時間をいただく場合があります。ご了承ください。

ABOUTこの記事をかいた人

presio

クラウド型POSシステムの「レッスン・ファースト」は、 顧客管理、予約管理(ネット予約)、売上・受講管理、 メール配信、マイページ機能、集計分析、本部機能など スクール運営に必要な要素を全て集結した戦略的なマーケティング活動を 可能にする次世代クラウド型統合POSシステムです。