強い組織に必要な3要素とは?

組織が成立する3要素

ベル電話会社の社長を務め、経営学者であるチェスター・バーナードは、
『組織』が成立するためには、

「共通目的(組織目的)」「貢献意欲(協働意志)」「コミュニケーション」3つの要素が必要と唱えました。

【1】共通目的(組織目的)

目指すべきゴールや
あるべき姿をしっかりと明確に定義しているか?という事です。
目的が一緒であるからこそ『組織』として活動ができます。
意識的に調整された活動をおこなうためには、メンバー間に「共通の目的」が存在していなければなりません。
「共通の目的」は、一人では到底達成できないものであり、『組織』になることで実現可能となるものが必要です。
企業の場合、その「共通の目的」は社会に受け入れられるものであり、

市場で有効なものであるという条件となります。

【2】貢献意欲(協働意志)

お互いに協力する意思をもっていることです。
自分さえよければ良いという考えが浸透しているチームは『組織』として強固ではありません。
「共通の目的」がとても大きく、達成するために多大な労力が必要なものほど、
個人個人が強く「貢献意欲」を持ち続けることが必要になります。

【3】コミュニケーション

円滑なコミュニケーションが取れることです。
派閥があったり、何でも話せる環境でないと、
問題が発生した場合に、円滑に「コミュニケーション」が取れず、

問題を解決することができません。

パワハラ、セクハラ、マタハラ等のある会社は、
真のコミュニケーションが遮断されている状態です。
そのような会社は、
バーナードの理論に基づくと、もはや『組織』ではないのです。

 

この3つの要素が強く結びつけば付くほど、強い『組織』が形成されます。

 

スポーツでイメージをすれば、イメージしやすいかも知れません。

2011年、なでしこジャパンがワールドカップ初優勝

2015年、ラグビーワールドカップで日本が優勝候補の南アフリカに奇跡的勝利

このような偉業を成し遂げたのは
チームとして
明確な「共通目的」を掲げ
個々に強い「貢献意欲」を持ち、
密な「コミュニケーション」でチームメイトを信頼し
強い『組織』が出来上がった成果だと言えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「レッスンファースト」は、クラウドPOSシステムで、スクール経営を支援します。

お問い合わせ・資料請求・オンラインデモの申し込みはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です
コメント反映までしばらくお時間をいただく場合があります。ご了承ください。

ABOUTこの記事をかいた人

presio

クラウド型POSシステムの「レッスン・ファースト」は、 顧客管理、予約管理(ネット予約)、売上・受講管理、 メール配信、マイページ機能、集計分析、本部機能など スクール運営に必要な要素を全て集結した戦略的なマーケティング活動を 可能にする次世代クラウド型統合POSシステムです。